Mineral portrait studio

アクセスカウンタ

zoom RSS 2009.10.21 look for the stone with him No3

<<   作成日時 : 2009/10/23 21:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

秋の訪れとともに採取に出掛けようと思いながら、台風や仕事の都合でなかなか出撃できませんでした。
やっと天気にも恵まれ、今回は小来川鉱山跡へ出掛けてみました。
画像

秋空の下、ズリの下から調査を開始。
画像

山の入り口に練馬ナンバーの四駆が停まっていたので、邪魔にならないようズリ下から探し始めたのですが、採取をしていると【チリンチリン】と踏み分け道から鈴の音が・・・アクセサリーのはずもなく、『 ある〜日森の中、○○さんに出逢った〜ララララ』のようですね。
しばらくすると、頭上の【ブーン】と大きな羽音に振り向くと、スズメバチが3匹こちらへ向かって直進中・・・いつの日か素敵な出会いがありそうです。

不動の構えでこれをやり過ごし、採取を再開。
画像

ともあれ銅の各種二次鉱物を久し振りに観察できました。
画像

画像

未だに『銅アロフェン・孔雀石・銅緑ばんか・ポスンジャク石』などの明確な区別ができません。どなたかご教授下さい。
画像

今回の発見。最初は苔かと思いましたが、ルーペで観察するとどうも違うので持ち帰り調べてみると、多分 フィリップスボーン石(イダルゴ石?)でした。
画像

この他にも名前が解らない銅鉱物も多く、しばらくはインターネットで自分なりに同定をしてみようかと思っています。
画像



しかしながら今回もお目当ての藍銅鉱は採取できず、年内に再度出撃を決意し、帰途につきました。




月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2009.10.21 look for the stone with him No3 Mineral portrait studio/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる