Mineral portrait studio

アクセスカウンタ

zoom RSS 2009.11.8 look for the stone alone No2

<<   作成日時 : 2009/11/11 16:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

久し振りに仕事や家事労働から解放されました。天候にも恵まれ、日曜日にもかかわらずいつも通りの時間に起床し、高取鉱山を再訪しました。
晩秋の景色を楽しみながら車で走る事、約1時間半。途中、コンビニで昼食を買いながらノンビリとしたドライブでした。高取鉱山の入り口に到着。『えっ』 またもやゲートに鍵が・・・
画像

看板を信じた私が馬鹿でした。背嚢を背負い行軍訓練開始。いざ行かん。

ブラブラと林道を歩く事、約30分。最初のズリに到着。お茶を飲み水分補給+ニコチン補給。
既にこのズリも荒れ果ててしまい、良い標本の採取は見込めないように感じました。そこから更に歩く事、約10分。ようやく本日の目的地に到着しました。
画像


さあ調査開始!!昼食をはさみ約3時間、汗を流しながら、穿ったり、割ったり・・・
途中、林道をハイキングに訪れた年配のご夫婦とお話をしたり・・・
画像

なんとか努力も報われ何種類かの標本を採取できました。特にトパズのB級標本には思わずニコニコでした。
画像

この他には霊験あらたかな水晶、錫石、鉄マンガン重石などの標本を採取できました。
画像

画像


次にホタル石のポイントへ移動。ここもほぼ採り尽くされた感じでしたが、今回、新たなポイントを発見。
輝水鉛鉱の中も同じポイントで採取したが、今回の標本はインクの原料となるという話をしっかりと思い出させてくれるもでした。
画像

画像


帰り道、最初のズリに近づくとハンマーの音が聞こえてきたので、同好の人なら情報交換をと思い、音のほうへ向かいました。
小学校低学年の子供さん二人を含む家族連れで、聞けば今回が初めての採取との事。
お父さんに採取ポイントと石の判別方法を解る範囲で教え、参考なればと思い、奥さんと子供さん達に自分が採取した石を見て頂きました。ついでに子供さん達には水晶が5本ほどついた標本をプレゼントさせてもらいました。
奥さんと子供さん達に高い評価を受けたが、酸化銅?タングステン?に着色された石英の標本でした。
画像


高取鉱山を後にして、帰途、ベイシアで夕飯の買い物を済ませ、BOOKOFFで文庫本を購入。
楽しい晩秋の一日を過ごす事ができました。感謝。
画像



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2009.11.8 look for the stone alone No2 Mineral portrait studio/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる